Question: 母乳育児の間にエキナセアを取るのは安全ですか?

母乳育児におけるエキナセアの安全性と有効性に関する情報はありません。あなたが母乳育児をしながらエキナセアを取るならば、下痢や便秘や便秘や飼料や皮膚の発疹などのあなたの赤ちゃんの可能な副作用を見てください。

母乳育児の間はエキナセアを服用しても大丈夫ですか?

安全上のデータは存在しない看護母親や乳児におけるエキナセアの有効性一般に、エキナセアは胃腸の混乱、下痢、そして便秘、皮膚の発疹、そしてレポートされたアレルギー反応は忍容性があります。 P450酵素系によって代謝されたいくつかの掘削の代謝を変えることもできます。

母乳育児の間は冷たいものを取るのは安全なのですか?

薬。 Tylenol、またはアセトアミノフェンおよびアバイル、またはイブプロフェンは、母乳育児のために使用するために承認されています。ベナドリルおよび他のアレルギー薬はあなたの牛乳の供給を減らすかもしれず、また赤ちゃんを眠気にするかもしれません。

母乳育児のためのエキナセアが悪いのですか?

母乳育児におけるエキナセアの安全性と有効性に関する情報はありません。あなたが母乳育児をしながらエキナセアを取るならば、下痢や便秘や便秘や飼料や皮膚の発疹などの赤ちゃんの可能な副作用を見てください。

母乳育児の推奨されるビタミンCの摂取量を授けることができますか?

毎日120 mg、6ヶ月以下の乳児の場合、毎日40 mgです。 [1] 1000 mgまでの1日の投与量を増やすが、乳房乳児に健康上の懸念を引き起こすのに十分ではなく、母乳育児を中止する理由ではありません。

母乳育児帯育てながら追加のビタミンCを取ることができますか?

授乳中の女性の推奨されるビタミンC摂取量は1日120 mgであり、6ヶ月以下の乳児のために毎日40 mgです。 [1]最大1000 mgまでの高さの量は牛乳レベルを上昇させますが、母乳乳児に健康上の懸念を引き起こすのに十分ではなく、母乳育児を中止する理由ではありません。

は免疫システムを構築していますか?

今日人々はエキナセアを使って一般的な風邪とインフルエンザの持続時間を短くし、痛みのどの痛み(咽頭炎)、咳、および発熱などの症状を減らします。多くのハーブリストはまた、免疫システムを強化し、体が感染するのを助けるためにエキナセアを推薦します。

echinaceaは夜にあなたを維持しますか?

発熱、吐き気、嘔吐、不快な味、胃などの副作用が報告されています痛み、下痢、痛みの痛み、口の渇き、頭痛、舌のしびれ、めまい、不眠症、双方向、および関節と筋肉痛。まれに、エキナセアは肝臓の炎症を引き起こすと報告されています。

MOMS免疫システムが弱い?

が見つかりました出生の最初の2週間以内の免疫細胞の割合の劇的な減少。免疫細胞の数は、母乳では母乳中で2%未満の高さから2%未満から滴下した。

Say hello

Find us at the office

Ripa- Narkiewicz street no. 43, 89602 Copenhagen, Denmark

Give us a ring

Raylynn Mansourian
+56 611 858 376
Mon - Fri, 9:00-21:00

Tell us about you